Yokooxの常時四面楚歌

アクセスカウンタ

zoom RSS 「DEAD OR ALIVE 5」の記事を見つけたのでリアクションしてみる

<<   作成日時 : 2012/06/15 19:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4Gamer.net
[E3 2012]「背景とキャラクターが交わる格闘ゲーム」「DEAD OR ALIVE 5」のプレイデモと開発陣へのインタビューで,新要素の詳細が明らかに

http://www.4gamer.net/games/140/G014061/20120612002/

>本作ではシリーズの雰囲気を残しつつも,リアル志向のビジュアルとなっている。

これで前作は見れたものじゃないものにw

>また,ダウンするとコスチュームに汚れがつくなど,演出面でもより現実を意識した試みが取り入れられている。

こういう演出は嬉しいし。バージョンアップしてるという感覚が掴みやすくて良い。

>本作の体験版では,パワーブローがいつでも1ボタンで発動できる仕様になっていたが,今回のデモプレイで使用したバージョンでは,キャラクターの体力が半分以下のとき,複数のボタンを使ったコマンド入力で発動するように変更されたとのこと。

これは...うーん...個人的には「DEAD OR ALIVE 5」ってカジュアルに楽しみたいからちょっと抵抗感。
中段ホールドのコマンド分けといい...うーむ...

>クリティカルバーストは,ヒットさせると相手が無防備な状態になって崩れ落ちる技。これは,相手をよろけ状態にした後,そのよろけ状態が終わるタイミングでヒットさせることが必要とのことだ。デモプレイを見る限りではかなり難しそうな印象を受けたが,クリティカルバーストをヒットさせれば,隙が大きいパワーブローも決めやすくなるので,上達には必須のテクニックとなりそうだ。

これ初心者がなぶり殺しにあうんじゃ?それとも何か救済措置があるのかなぁ?

>ステージにポンとフィギュアを置いたような感じじゃなくて,背景の空気感に溶け込むようにキャラクターがいるという感じを目指しました。

これが好きで「DEAD OR ALIVE」シリーズが好き。特にこれは4から顕著だよね。
鉄拳とかバーチャとか背景リアルになってきてるのは良いんだけど、自然の外で戦ってるのに整地された真っ平らな場所で戦ってるのに凄く違和感感じるんだよねぇ。

>私達は本作を「格闘エンターテイメント」と呼んでいます。

是非ともそういう方向性で行って欲しい。だからこそ上級者のモノでなく初心者のモノでもあって欲しい。
基本的な動きが、練習すれば出来るようになる。っていうのは初心者お断りって事だと自分は思ってるんで。

まぁ楽しみにしてるんで開発頑張ってくださいと。



Twitter「つぶやく」ボタン

DEAD OR ALIVE 5 コレクターズエディション (初回限定特典かすみ・あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル同梱)
DEAD OR ALIVE 5 コレクターズエディション (初回限定特典かすみ・あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル同梱)
コーエーテクモゲームス 2012-09-27
売り上げランキング : 9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「DEAD OR ALIVE 5」の記事を見つけたのでリアクションしてみる Yokooxの常時四面楚歌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる